≫札幌スープカレーのおすすめランキング

私なりの今後のFC東京の応援の仕方を考えてみたって話

どうも、東京生まれ東京育ち、FC東京サポにして札幌在住の私です。

こちらのブログに感銘を受けましてね↓
https://blogs.yahoo.co.jp/noncupcoffee/2574070.html

私も筆を取ろうと思ったわけです。まぁ、ブログなんで筆じゃなくてキーボードなんだけどね。そんなことはどうでもいいや。

札幌在住なんですが、ホーム開幕の浦和戦に行きました。
このブログを見てるような東京サポならご存じの通り、東京がゴールした直後に浦和に決められて同点。

そして、その後勝てず、今。

去年からずっとそうなんですけど、空気悪すぎやしませんか?!

ここが部屋なら窓開けて空気の入れ替えしたいくらいに!

石川CC(普段は「ナオ」って呼んでいるけどここでは敬意を表して)のファンミーティングでも言ってたけど、「何かを変えなきゃいけない」って気が私もずっとしてて!

かといって、私なんぞや石川CCと違って、たかが一般のサポーターの一人なわけです。変えるって言ったって直接どうこうできたもんじゃない。

でも!最近、私が心理学なり引き寄せの法則なり本を読んでいるんですけどね。

「しらずしらず」という本

それ読んでいると、こんなちっぽけな私でも、なんかできるような気がしてきたわけです。

というのも、「言葉に出さなくても、期待していることは伝わる」ということが本の中に書いてあって、これは子育てとかにも応用できるんだけど「この子は何やらせてもできない」って親が思っているだけで子供はそれを読み取って、本当にできない子になってしまうと。

いきなりですが、このへん読んで、我が東京にも思い当たるフシがありませんか?

うちがゴールした後、すぐに点取られるんじゃないかって思ってませんか?

 

それが浦和戦で再現されているような気がしてならないのです。

浦和にすぐ同点にされた時のみんなの反応があ゛ぁ、やっぱり!(思った通り、取られた)この展開、何度目!?」みたいでした。すみません、かくいう私もその一人なのです。

これじゃあ、ダチョウ倶楽部の芸見ながら「くるぞくるぞ」ってワクワクしてる感覚と似たように、うちがゴールした後にすぐ相手に点取られることをサポーターが願ってしまっているのも同然なんだなと思って(ノД`)・゜・。

 

だから私は、せめて「我が東京はゴールしたあと、死守することができる。なんなら1-0の試合展開のみならず、3-0で勝てる」と真剣に!心から!そう願いつつ応援することを決めました!!!!!

「おい、今までやけにネガティブな見方していたんだね」みたいに思う人もいるだろうし、「そんなんで変わるわけない」と思う人もいるだろうけど。

鹿島は、このセルフイメージ(共通認識)が良いからいつまで経っても勝てるチームなんだろうなと思います。
例えばその日負けても「今日は負けたけど、自分達は常勝軍団だ」っていう感じで、チームの前提が「勝ち」だから勝てるっていう。

選手もクラブもそのイメージをもっているから若手もどんどん成長しているし、本当いい循環だと思う。

それ比べて、東京はどうだろうか。
水沼も高萩も雰囲気を変えるって言ってくれてたけど、結局悪い意味で東京に染まってきてしまっていて・・・

ここいらで、私らサポーターも変わるべきじゃないかな?って思ったわけであります。

それで、一番大事というか私が読んだどの本にも書いてあるようなことは「人は変わらない。だから自分が変わるんだ」ってことです。
ちなみにたぶん石川CCも同じようなこと言ってましたね。

私がこれを書いたのは、「サポーター全員でそういう考え方をしてよ!じゃないと東京変わらないよ」ってことが言いたいじゃないんです。
もし賛同してくれて、同じ想いで応援してくれる人が増えたら「いいなぁ~」程度です。
いや、うーんやっぱりご協力いただけると嬉しい(笑)←

一番言いたいのは「私はこういう経緯から、今後、良いイメージで応援していくからね、よろしく」ってことです。

「卵が先か、鶏が先か」みたいな話あるじゃないですか。
そんな感じで選手が先か、石川CCが先か、私が先か、誰が先かわからないけど、FC東京というチームがよりよくなって、目指すべき「強く、愛されるチーム」になってくれればいいなと思った次第であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください