≫札幌スープカレーのおすすめランキング

【ルタオのカフェ比較】小樽本店とパトスのメニューの違いや限定商品、駐車場情報などをまとめました!

ルタオのアイキャッチ画像

ヒゲ係長

この記事はポジ部長の旦那の、わたくし「ヒゲ係長」が書きました。
いまや全国的に有名となった小樽の洋菓子店「ルタオ」。大人気のドゥーブルフロマージュはお取り寄せで購入可能ですが、冷凍での発送となりますので生のドゥーブルフロマージュと比較すると味に違いが出てしまいます(私個人の感想です)。
やはり現地小樽でいただく生のドゥーブルフロマージュが一番です!今回はその小樽にある「本店」と「パトス」の違い、ルタオ各店の限定メニュー、駐車場情報、実際に行ってみた感想などをまとめました!




ルタオの小樽本店とパトスの違いを比較しました!

パトスのドゥーブルプレートの画像

大人気のドゥーブルフロマージュや期間限定スイーツなどは、
こちらの→LeTAO(ルタオ)オンラインショップ
からお取り寄せできます。

小樽本店とパトスのアクセス・営業時間の比較

本店とパトスはどちらも小樽の観光名所である「堺町通り」にあり、両店の距離は徒歩で5分程度です。

本店の1階はケーキやギフト品などの販売、パトスの1階はスイーツのテイクアウトショップとギフト品などの販売、そして両店とも2階がカフェとなっています。

営業時間や定休日などの基礎情報の比較は下記の表の通りです。

本店 パトス
営業時間 1階(物販)09~18時
2階(カフェ)09~17:30
1階(物販)09~18時
2階(カフェ)10:30~17:30
(食事は11~14時)
定休日 なし なし
TEL 0120-46-8825
(本店・パトス共通)
住所 小樽市堺町7番16号 小樽市堺町5番22号
マップ

駐車場について

今回比較した「本店」と「パトス」、そして「ルタオルショコラ」「ルタオプラス」「デニルタオ」とルタオ5店舗共通の特約駐車場があります

ルタオ各店の購入額により駐車料金の割引サービスがありますが、ルタオ専用の駐車場ではありませんので、ルタオでの会計時に駐車券の提示を忘れないよう注意しましょう。

割引サービスと駐車場のアクセスについては下記の通りです。

駐車料金の割引サービス

「本店」「パトス」「ルタオルショコラ」「ルタオプラス」「デニルタオ」の5店舗共通です。

購入金額 駐車料金割引サービス
2,000円以上 1時間
4,000円以上 2時間
6,000円以上 3時間

(エキモルタオは1,000円以上の購入でサンビルスクエア内有料駐車場が1時間無料となります)

ルタオ特約駐車場のアクセス

【住所】
小樽市入船1丁目1-30

ケーキなどメニューと座席比較

本店とパトスのカフェにはそれぞれの店舗限定スイーツがあります!

またパトスではスイーツ以外にもスープカレーやパスタ等のランチメニューも扱っていますので、レストランとしても利用可能です。

本店とパトスはドゥーブルフロマージュ以外のメニューが変わりますので、事前に食べたいメニューを調べてからの来店をオススメします!

両店のメニューの詳細と食レポは後述しますので、こちらではメニューと座席の簡単な比較表を載せておきます。

本店 パトス
店舗限定スイーツ 本店限定作りたて生ケーキ ドゥーブルプレート、苺のミルフィーユなど
ランチメニュー なし エッグベネディクト、スープカレー、パスタ、ステーキなど
座席数 100席 120席

ルタオ各店の限定商品比較(チョコ、お土産品など)

小樽市内にルタオは6店舗ありますが、各店舗限定商品があります。

それぞれの限定商品を表にしましたので、ルタオに行く際の参考にしていただければと思います(^^♪

店舗 限定商品
本店 限定作りたて生ケーキ、慶弔の贈答品・ギフト、ドゥフロマージュロール、モーモーミルクパイシュー
パトス 焼立てランデヴー、ドゥーブルプレート、苺のミルフィーユ、ランチメニュー(スープカレー、パスタなど)
ルショコラ アデル、サンテリアン、クレームグラッセルショコラ
ルタオプラス ふわふわスフレオムレット、パルフェフロマージュ、ブリックオフロマージュキャラメル
デニルタオ フロマージュデニッシュ、北海道美瑛牛乳
エキモルタオ 小倉パイ、エキモシュー、慶弔の贈答品・ギフト




ルタオ本店とパトスの体験談と食レポ

ヒゲ係長

本店とパトスの両店に実際に行ってきましたので、お店の様子や食べた感想などをご紹介します!

ルタオ本店に行ってきました!

ルタオ本店の外観
これまで4~5回お邪魔させていただきましたが、いつも混雑している印象です。

最近では2018年10月の土曜日の15時頃に行きましたが、座席に案内されるまで約30分待ちでした。

ですがルタオは店員さんの接客が良く、美味しいケーキが待っていると思えば待つのは苦になりませんでした(笑)

ルタオ本店のメニュー表

季節によりメニューが変わります。こちらでご紹介するのは2018年10月のメニューです。

ルタオ本店の限定メニュー。この日は残念ながら奇跡の口どけセットは売り切れでした・・・。
ルタオ本店の限定メニュー

おそらくほとんどのお客さんが注文するであろうケーキセットのメニューです。
ルタオ本店のケーキセットメニュー

こちらはケーキのメニューです。ポティロンドゥーブルが季節限定です。
ルタオ本店のケーキメニュー1ページ目

こちらはケーキメニューの2ページ目です。栗マロンかぼちゃのモンブランが季節限定です。
ルタオ本店のケーキメニュー2ページ目

ルタオ本店で実際に注文したメニュー

この日は4人で行きましたので、4品紹介したいと思います。

先ずはこちら、季節限定のポティロンドゥーブル。
ルタオ本店のポティロンドゥーブル

「栗マロンかぼちゃ」という名前の通りとっても甘いかぼちゃを使用したドゥーブルです。

上がレアチーズで下がベイクドチーズの2層のチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」がルタオの1番人気ですが、こちらのポティロンドゥーブルは下が「栗マロンかぼちゃ」のペーストになっています。

チーズとの相性が良く、ドゥーブルフロマージュに負けないくらいとても美味しいドゥーブルでした!

続いては本店限定のスペシャルセットから「ショコラの誘惑セット」。
ルタオ本店のショコラの誘惑セット

ドゥーブルフロマージュより好きという方も多い「ショコラドゥーブル」と「本店限定カタラーナ」がセットになった贅沢な一品です!

ドゥーブルはチョコとチーズの相性が抜群に美味しいですし、カタラーナはそのままでも生クリームやフルーツと一緒に食べても美味しいですよ(^^♪

続いては「ストロベリーミルフィーユ」。
ルタオ本店のストロベリーミルフィーユ

サクサクのパイと濃厚なカスタードクリームが本当に美味しい!

ちなみにパトスのミルフィーユは本店のミルフィーユの特大版ですので、たくさん食べたい方はパトスへ行きましょう!

最後はこちらの「ガトーフレーズ」。
ルタオ本店のガトーフレーズ

基本にして王道の苺ショート。ルタオの美味しさがわかる一品です!

パトスに行ってきました!

パトスの外観
パトスはこの数年間で20回以上行ってます(笑)

本店より多く来店している理由は私の大好きな「ドゥーブルプレート」と「ティラミス」、そして嫁の大好きな「苺のミルフィーユ」があるからです(各メニューの詳細は後程詳しく)。

パトスも本店同様に混雑していますが、どちらかといえばパトスのほうが待ち時間が少ない印象です。そしてパトスには絵本が置いてありますので、娘と絵本を読みながら待っています。

パトスのメニュー表

パトスのメニューはよく変更される印象です。この数年間で3~4回変わってると思います。

2019年6月に行ったところ、またメニューが変わってましたので最新版のみを載せておきます。

ちなみにスープカレーなどの食事メニューは11~14時のみとなりますのでご注意ください。

パトスの19年6月の時点のメニューの画像

ちなみにどのメニューもドリンクとケーキのセットにする事もできます。

例としてこちらはスープカレーですが、単品が1,296円、ドリンクセットが1,512円、ケーキ(生ドゥーブルフロマージュ)のセットが1,728円、ドリンクとケーキの両方のセットが1,944円です。
パトスのスープカレーメニュー

以前スープカレーと生ドゥーブルフロマージュのセットを注文しましたが、専門店に負けないくらい美味しいスープカレーとデザートに生ドゥーブルフロマージュと至福のひと時を過ごさせていただきました。超オススメのセットですよ(^^♪

パトスで実際に注文したメニュー

先ずは私が大好きな「ティラミス」からご紹介します。
(2019年6月、残念ながらティラミスが販売終了となっていました・・・。)
パトスのティラミス

濃厚なクリームと黒いフワフワのやつ(名前がわかりません笑)の苦みが絶妙で本当に美味しい!!

下にビスケットみたいなやつが入っていて、これにエスプレッソを染み込ませて食べるのが個人的な好みです!!
ティラミスのエスプレッソソース

もともとティラミスが好きな私は多くのお店で食べてきましたが、ルタオのティラミスが一番です!ティラミス好きはぜひお試しあれ!!

続いては「苺のミルフィーユ」。本店の「ストロベリーミルフィーユ」の特大版です。
パトスの苺のミルフィーユ

めちゃくちゃ美味しいですが、これを1人で食べるのはかなりキツイです。2~3人でシェアを推奨します!

続いては「クレープシュゼット」。
(ティラミス同様、こちらも2019年6月にメニューから無くなっていました。)
パトスのクレープシュゼット

オレンジとカラメルのソースをたっぷり染み込ませた大人の味のクレープで、アイスとの相性も抜群です!

こちらは最もインスタ映えするであろう「ショートケーキ」。
パトスのショートケーキ

味も見た目も最高ですが、難点は売り切れ率がかなり高い事です・・・。

冒頭で20回以上行きましたと書きましたが、20回中ショートケーキがあったのはたったの1回のみ・・・。

大体15時過ぎにお店に行く事がほとんどでして、その時間だと今のところ100%売り切れです。唯一あった1回は開店直後の10時30分に行った時でした。

確実にゲットしたければ午前中に行きましょう!

そして「ドゥーブルプレート」。ドゥーブルフロマージュとショコラドゥーブルとヴェネチアランデブーが一度で味わえます!
パトスのドゥーブルプレート

美味しくて美味しくて本当に美味しくて幸せいっぱいになれるルタオ最強の一品です(^^♪

ルタオショコラ、ルタオプラス、デニルタオ、エキモルタオ、ルタオ大丸店、ルタオ香港店も行ってきました!

小樽市内にはルタオが6店舗あり、本店とパトス以外にも飲食可能である店舗があります!

札幌には唯一大丸に店舗があり、海外では台湾や香港、シンガポールやタイなどにも店舗があります!香港旅行の際に立ち寄ってみましたのでそちらもご紹介します!

ルタオショコラに行ってきました!

ルタオショコラの外観の画像
パトスと道路を挟んだほぼ正面にあり、その名の通りショコラ系のスイーツを販売していてテイクアウトもできます!

↓個人的におすすめはリッチショコラフレーズ!
ルタオショコラのリッチショコラフレーズの画像

↓クレープも美味しいですし、チョコレートドリンクをテイクアウトして小樽の街を歩くのもおすすめです!
ルタオショコラのプティショコラクレープの画像
ルタオショコラのチョコレートドリンクの画像

ルタオプラスに行ってきました!

ルタオプラスの外観
場所はパトスの裏側がら外に出て、左折するとすぐに「ルタオプラス」です!

カフェではありませんが、ルタオプラスではドゥーブルフロマージュなどをテイクアウトできます!

ルタオプラスではドゥーブルフロマージュ以外にもソフトクリームやフロマージュのパルフェなどがテイクアウト可能で、ルタオプラス限定で「ふわふわスフレオムレット」もあります!
ルタオプラスで注文したメニュー

↓こちらが店舗限定の「ふわふわスフレオムレット」!名前の通りふわふわの生地がとても美味しい!
ルタオプラスのふわふわスフレオムレット

店内に飲食可能な小スペースがあり、夏季は店舗前にテラス席もありますので、テイクアウトしてからすぐに食べる事も可能です(^^♪

デニルタオに行ってきました!

デニルタオの入口の画像
本店から道路を挟んだ向かい側にデニルタオがあります!

フロマージュデニッシュとソフトクリームの販売があり、カフェスペースもあります!

↓こちらはフロマージュデニッシュと、クリームがたっぷりかかった生フロマージュデニッシュ!
デニルタオのフロマージュデニッシュと生フロマージュデニッシュの画像

テイクアウトもできますので食べ歩きも可能ですよ!
デニルタオのフロマージュデニッシュの持ち帰りの画像

ちなみに味はめちゃめちゃ美味しいです(^^♪

エキモルタオに行ってきました!

エキモルタオの入居しているビル
場所は小樽駅から歩いてすぐ、道路を渡ったこちらのビルの1階にあります。

こちらがエキモルタオの入口です。
エキモルタオの入口

お土産品などの他に定番のドゥーブルフロマージュや店舗限定の「小倉パイ」もあり、購入後に店内の小スペースで食べることもできます!
エキモルタオ限定の小倉パイ

この小倉パイは凄く美味しいです!サクサクの生地の中に生クリームとあんこが入っているのですが、それぞれが邪魔する事なく絶妙な組み合わせとなっています!

土曜日の夕方に売り切れていた事もありましたので、確実にゲットしたい時は早めに行きましょう!

ルタオ大丸店に行ってきました!

ルタオ大丸店のゆきだるまフロマージュの画像
(↑期間限定のゆきだるまフロマージュ。)
札幌市内に唯一あるルタオの店舗で、場所は札幌駅から直結している大丸の地下1階にあります。

お土産品や生ケーキの販売がメインで、飲食スペースがありませんのでお持ち帰りのみとなります。

定番のドゥーブルフロマージュはもちろん、期間限定や店舗限定のケーキが多い印象です。
ルタオ大丸店の期間限定メニューの画像

これまで食べた大丸店の限定メニューの中では、北海道夏苺ブリュレが一番美味しかったです!
ルタオ大丸店の北海道夏苺ブリュレの画像

小樽に行く時間が無い方におすすめの店舗です!

ルタオ香港店に行ってきました!

香港旅行に行った際に、偶然近くまで来たので立ち寄ってみました!
香港のルタオの入口

広東語がよくわからなかったので確実ではありませんが、店舗限定メニューは無さそうです。
香港のルタオの外観

日本で売っている商品とまったく同じものが置いてありましたが、とりあえず驚いたのは値段の高さ(*´Д`)

香港は物価が高く、輸入代も含まれているのか日本の価格の1・5~2倍くらいの料金でしたね・・・。

ソフトクリームのテイクアウトも可能でしたが、値段が高すぎたので帰国してからルタオに行くことにしました。

小樽の隣の札幌に住んでいて良かったと思いました(>_<)

まとめ

同じルタオのカフェでも「本店」と「パトス」ではメニューに大きな違いがあります。

ざっくり言えば「本店」が作り立て生ケーキ、「パトス」が苺のミルフィーユやスープカレーなどスイーツとお食事です。

ルタオを訪れる際は食べたいメニューを事前に確認し、どちらに行くかを決めてからがオススメです!

また時間に余裕がなく並ぶ暇が無い方は、小樽市内の他の4店(ルタオショコラ、ルタオプラス、デニルタオ、エキモルタオ)でテイクアウトもオススメですよ!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください