≫札幌スープカレーのおすすめランキング

小樽でおすすめの回転寿司「和楽」のグルメレポとアクセス・営業時間の情報まとめ

和楽のアイキャッチ画像

ヒゲ係長

この記事はポジ部長の旦那の、わたくし「ヒゲ係長」が書きました。
港街である小樽といえばやはりお寿司!市内には100店以上のお寿司屋さんが軒を連ねています。
今回はそんな小樽のお寿司屋さんの中で回転寿司にスポットを当て、オススメ店である「和楽」についてをご紹介します!




和楽のグルメレポとアクセス情報

和楽のクーポンを探している方は、こちらの→“デイリーPlus”をチェックしてみましょう。
※100万件以上の特典が利用できる会員制割引優待サービスです。時期によってクーポンの有無や内容が変わるので、確実にクーポンがあるわけではありません。

和楽について

札幌にも店舗がある和楽ですが、こちらの小樽店では小樽で獲れた新鮮なお魚をいただく事ができます!

小樽駅からだと15分程度歩きますが、小樽の観光名所である「堺町通り」と「小樽運河」の間にお店がありますので、観光で寄るのであればアクセスは抜群です!
和楽の外観

カウンター席とボックス席があり、待合いスペースも広く子供用の絵本も置いてあります。
和楽の内装

人気店ですので土日や連休期間は待つ可能性が高いです。ちなみに日曜日のお昼時で1時間、17時頃で35分待ちでした。

メニュー表

座席に注文用紙とペンがありますので、握りたてのお寿司やサイドメニューを注文したい場合は記入して店員さんに渡せばOKです。

130円、140円、180円のお寿司のメニューです。
和楽の寿司メニュー1枚目

246円、313円、362円、410円、474円、そして三貫盛りのメニューです。
和楽の寿司メニュー2枚目

こちらはサイドメニュー。麺類やフライドポテト、アルコール類もあります。
和楽のサイドメニュー

デザートも充実しています。
和楽のデザートメニュー

その他にもメニューには載っていない旬のネタもあります!

実際に注文した料理

最初に旬のネタの「秋さんま」を注文。
秋さんま
旬のものはやはり脂と味の濃さが違います!一番最初に頼んだこれが一番美味しかったです(笑)

続いて同じく旬のネタの「秋鮭」を注文。
秋鮭
やはり旬のネタらしく濃厚な味わいがとても美味しかった!

続いては「やりいか梅塩」を注文。
やりいか梅塩
いかの旨味と後からくる梅の酸味がとてもマッチしています!

続いては「生サーモンのハラス」。
生サーモンのハラス
今回食べたネタの中で脂のノリが一番でした!

続いてちょっと珍しい「たらこ」を注文。
たらこ
うん、想像通りのたらこです(笑)

続いては「中トロ」を注文。
中トロ
赤身に近いような濃厚なマグロの味でした!

続いては三貫シリーズから「炙り三楽(サーモン炙り、えんがわ炙り、銀がれい味噌炙り)」を注文。
炙り三楽
炙る事によりとろける様な食感とこおばしいかおりが最高です!超オススメの一皿!

続いても三貫シリーズから「活貝三楽(活ほっき、活あわび、活真つぶ)」を注文。
活貝三楽
どれも美味しかったですが、特に活真つぶがコリッコリの食感で新鮮さを感じて本当に美味しかった!三貫シリーズはお得感もあってオススメですよ(^^♪

続いては旬のネタから「にしん」を注文。
にしん
これも本当に美味しかった!旬のネタは外さないです!

最後のシメは「穴子一本付け」。
穴子一本付け
穴子がとろけます!これも最高に美味しい!

ちなみに4歳の娘に「フライドポテト」も注文。フライドポテト

というわけでとても美味しいネタの数々に大満足でした!

そばやうどんもありますし、子連れでもメニューに困らない点が回転寿司の魅力です!

小樽には浜焼きやスイーツなど食べ歩きできるお店もたくさんありますので、少しだけお寿司を食べたい時にもオススメですよ!

アクセスと営業時間

【アクセス】
小樽駅から徒歩15分
「おたる散策バス」かま栄本社前から徒歩1分

【住所】
北海道小樽市 堺町3−1

【営業時間】
11:00~22:00
(ラストオーダー21:30)

【定休日】
元旦




1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください